ホーム Catune Boris - Looprider Remix (12”)
Boris - Looprider Remix (12”)
※ダウンロードクーポン付き。(MP3やFlacなどフォーマットが選べます。)

昨年、海外リリースされた3枚のアルバム『Attention Please』と『Heavy Rocks』、『New Album』がピッチフォークやスピン、ローリング・ストーン、NYタイムズほか、欧米の主要音楽メディアで高く評価された日本のヘヴィー・ロック・バンド、Boris。米国CMJウィークリー誌12月19日発行号で表紙を飾ったほか、英国発の人気オンライン音楽マガジン、Kicking against the pricks.は『Attention Please』を2011年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに選出。そんな追い風を受け、ヨーロッパ各国、アメリカ/カナダ、オーストラリア、そして日本と、国内外をツアーで回った彼らは、新曲「君の行方」が2月にNintendo 3DS/Playstation Vitaで発売されるゲームソフト『善人シボウデス』のイメージ・ソングに起用されるなど、その活動は実に精力的だ。そんななか、CRUE-Lオーナーの瀧見憲司と9dwが手がけた昨年10月の「Black Original」に続く、リミックス12インチシングル第2弾「Looprider」が登場する。

今回のリミキサーに起用されたのは、3枚のオリジナル・アルバムとイギリスのBEAR FUNKやニューヨークのDFAほか海外レーベルからのシングル・リリースで、国内外にその異才が知れ渡る関西のDJ/アーティスト、ALTZ。先日、新たなバンド・プロジェクト、その名もALTZ.Pでの活動もスタートさせたばかりの彼が手がけた「Looprider (ALTZ - Fall in Love Mix)」はじわじわと熱を帯びるミニマルなファンクがトランシーに振り切れる会心のリミックスだ。

さらにもう一組のリミキサーは、サンフランシスコのクリエイター、サム・グロウのソロ・プロジェクト、Hatchback。2009年に別プロジェクト、Windsurfの一員として来日経験もある彼は、昨年、セカンド・アルバム『Zeus And Appolo』をリリース。アメリカのインテリア雑誌、Dwellの編集長にして、アナログ・シンセサイザーのコレクターでもバックグラウンドが極上のチルアウトを約束するサウンド・デザインに結実。そんな創作活動の好調ぶりは米国ウェストコースト・バレアリカを体現するジェントルでピースフルなダンス・トラック「Looprider (Hatchback’s Pacific Wind Mix)」を生み出すに至っている。

本作には未収だが、オリジナルの「Looprider」は、エレクトロニカとも融合したノルウェーのUlverやシューゲイザー化したフランスのAlcestなどに代表されるブラックメタル最新進化形とも共振する1曲だ。そのリミックス盤が今度はクラブ・シーンを横断することで、どんな異化効果が生まれるのか。本作は好評を得たという「Black Original」リミックス同様、Borisの可能性を大きく広げる一枚でもある。(text by Yu Onoda)


Boris "Looprider" Remix 12" by catunerecords


・ 型番
CATUNE-44
・ 販売価格

1,365円(内税)